クレジットカード現金化において、商品を受け取る必要性とは?

皆さんこんにちは、管理人のHIROです。

今回は、現金化業者が送ってくる商品についての疑問を解消させていただこうと思います。

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードに割り振られたショッピング枠を使って間接的に現金を入手する方法です。
その際に必ず商品の受け取りをしなければいけなくなってしまいます。

なぜ商品を受け取らなければいけないのか、と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

実際にクレジットカードを現金化する時、目標としているのは現金
商品は不要感じるのも無理はありません。

しかし商品を送付するのには理由があるのをご存知でしょうか?
買取方式やキャッシュバック方式においてなぜ商品が必要なのかご説明いたします。

クレジットカード現金化のメカニズム

クレジットカード現金化のメカニズム

クレジットカードの現金化には2通りの手段が存在します。
しかし、買取方式とキャッシュバック式において商品の価値が全く異なるのをご存知でしょうか?

まずはそれぞれの違いを簡単に見ていきましょう。

買取方式について

買取方式とは換金性の高い商品をクレジットカードで購入してから転売する方法です。
例えばギフト券や新幹線チケットのような金券や、家電のような換金性の高いものを業者に買い取ってもらう事で現金化します。

買取方式は商品がなければなりたたないため、商品のやりとりは必要不可欠だと言えるでしょう。
参考記事⇒【商品買取方式による現金化とその方法

キャッシュバック方式について

キャッシュバック方式とは、商品をクレジットカードで購入し、業者がキャッシュバックとして現金を還元する方法です。
買取方式に比べると手間が掛からないものの、商品はしっかりと受け取る必要があります。

参考記事⇒【キャッシュバック方式とはどのような現金化方法なのか?

利用者の中でも「キャッシュバック方式で商品が送られてくるのは困る。」という方もいらっしゃるでしょう。
周囲に気付かれず現金を手に入れたいと思っていても、商品が自宅などに届いてしまうと家族に不審がられてしまう場合もありますよね。

キャッシュバック方式の業者に「商品を送らないでほしい」と頼む方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、殆どの業者に拒否されることはわかっています。

実はそこには法律上の理由があるというのをご存知でしょうか?

クレジットカードの現金化には商品が必要不可欠

クレジットカードの現金化には商品が必要不可欠

商品を送らずにショッピング枠を現金化するキャッシュバック方式の業者も過去に何社か存在していました。
しかし、それらの行為はすべて「事実上の高金利貸し」として、出資法や貸金業法に違反してしまうのです。

つまり、商品のやり取りを行わず行う現金化は警察に摘発されてしまう恐れがあるため、商品のやりとりは業者からしても必要不可欠となっているのです。

商品を受け取ることでリスクを減らす事が出来る

商品を受け取ることでリスクを減らす事が出来る

業者の都合と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、利用者側にも商品のやり取りを行わないことで生じるデメリットがある事をご存知でしょうか?

そもそも、クレジットカード会社は利用規約によってショッピング枠の現金化を禁じています
そのため換金性の高い商品を自身で買い売り払う行為を何度も繰り返していると、カード会社より「購入した商品はお持ちですか」とチェックが入るのです。

場合によってはカードの利用停止処分を受けてしまう事もあるなどのケースも存在しています。
その点を考えるとデメリットは計り知れないと言えるでしょう。

しかし、これらも「商品のやり取り」を介することで「現金化目的」ではなく、「商品の購入が目的」とカード会社に弁明することが可能となります。
こういった背景から、クレジットカードを現金化する際に商品のやり取りをすることは業者・利用者共にメリットのある行為なのです。

商品を送らないクレジットカード現金化業者は悪質業者の可能性大

商品を送らないクレジットカード現金化業者は悪質業者の可能性大

商品のやり取りを行うことで、カード会社に弁明することが出来るようになるでしょう。

その一方で、そもそも商品を送付してこない業者は「法律に準拠していない可能性」があります。
クレジットカードの現金化そのものは現在違法ではないものの、こういった貸金業法や出資法に配慮の出来ていない業者を利用する事はデメリットしかありません。

そのため、キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者を選ぶ際には商品が送られてくるのかどうかをしっかりとチェックするようにしましょう。
簡単な確認だけで悪質な業者を避けることが出来ると言えます。

現金化業者を利用する際には、当サイトの業者詳細ページも参考にご覧下さい。

優良現金化業者のまとめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る