悪徳現金化業者の悪質な行為と手口【その対処法はあるのか?】

悪徳現金化業者とその手口

こんにちは、HIROです。

皆さんはクレジットカードの現金化と聞くと、恐怖や不安という感情が思い浮かぶかと思います。

その感情は持っておいて損はないでしょう。
現金化業者の中には悪徳な方法でお金を騙し取り自分たちの利益を上げている業者も存在します。

悪徳な現金化業者は自分たちが儲けるための方法を熟知しています。
そして巧妙な手口で本意を隠しながらより大きな利益を得ようと誘導してきます。

そんな悪徳現金化業者の手口をご紹介致します。

現金が振込まれない

現金化をする時は現金が急な理由で必要になった時が多いでしょう。
そんな時に現金が振込まれないなんて事態に陥ったら大変なことです。

よく見る被害としては以下の通りになります。

  • 業者の接客態度が明らかに雑である
  • 急かすような口調でカードの情報を聞き出そうとする
  • こちらの質問に関しての答えが全て曖昧な返答
  • などのように明らかにおかしな態度を取ってくる事が多くあります。

    少しでもおかしいと思った際には1度電話を切って考え直すことも必要でしょう。

    カードの個人情報を抜き取る

    クレジットカードはネット上の買い物であればカードの情報だけで買い物が簡単に出来てしまいます。
    逆を返せば、情報さえ持っていれば誰でもネット上での買い物が可能なのです。

    つまり、抜き取った情報を利用して勝手に商品を購入をされてしまう可能性もあるということです。

    もしも現金化を利用した際には、カードの明細票を毎月チェックし少しでも身に覚えがない代金の請求があった場合は現金化で利用したカードの契約を切ってしまうのも1つの手段と言えるでしょう。

    キャンセル料の恐喝

    世の中には約束事を破棄する場合にキャンセル料が発生するのはそんなに珍しい事ではありません。
    しかし、悪徳現金化業者のキャンセル料の金額は酷いものです。

    事例では申し込みをキャンセルしただけで5万円ものキャンセル料を取られてしまった方もいるようです。
    その際の口調と態度はこちらを強く威圧する物で、払わなければキャンセル料遅延金が加算されていくと更に脅されたようです。

    恐怖したその人は仕方なくその業者で現金化をせざる負えなくなり、その業者で現金化をしたと言っていました。

    申し込みをする際には必ずキャンセルする時に料金が発生することはないかどうかの確認をする事を心掛けましょう。

    紹介屋の存在

    現金化業者が「いい資金調達方法がある」と闇金や、名前の知らない闇金まがいの消費者金融を勧める事が希にあります。
    提示された情報を鵜呑みにして流れに身を任せたりせず、まずは冷静になる為の時間を作ることを心掛けましょう。

    紹介された会社の名前をネットで検索して評判を調べてみるなどをして闇金や悪徳業者から身を守るのは大切なことです。
    急いでいる時は特に気を付けることが大切になってきます。

    悪徳な現金化業者に引っかからない為には

    悪徳な現金化業者に引っかからない1番の方法は利用したことのある友人や知人に業者や会社の話を聞くことがいいでしょう。
    友人、知人がもし利用をしていたのであればその現金化業者を選ぶことをオススメいたします。

    1度利用したことがある人はその業者の知識をある程度知っていますし、知人、友人ともなれば情報の信頼度が全然違います。

    周りに現金化を利用した人がいない場合は、現金化するために何社かを選択してまず全部に電話をし現金化業者の比較をすることで悪徳業者に引っかかりにくくなるでしょう。

    悪徳な現金化業者は確かに存在しますが、優良な現金化業者もちゃんと存在します。

    優良現金化業者を探すことが一番いい現金化への第1歩なのです。

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    ページ上部へ戻る