クレジットカードで利用停止になる危険性と注意点まとめ

クレジットカード利用停止

皆さんこんにちは、管理人のHIROです。
今回はクレジットカードの利用停止の恐ろしさについてご説明させていただこうと思います。

今ではすっかり生活の一部となりつつあるクレジットカード、近所のコンビニに買い物へ行く際は財布を持たなくていいからとクレジットカードだけを持って家を出るなんてことも珍しくはないと思います。

電車に乗るときの交通系電子マネーもいちいちチャージしている時間が勿体無いと、クレジット機能の付いた交通系電子マネーにしている方も多いのではないでしょうか?

そこでご質問です。
今使っているクレジットカードがもし止まってしまったらどうしますか?

その月の出費がたまたま重なり、お金がなくクレジットカードだよりの生活をしている方もいると思います。
そんな状態の時にカードが利用停止になってしまったら笑い事ではありません。

そのような悲惨な出来事にならない為にカード利用停止の理由と注意点をご説明させていただきます。

カードが利用停止になるタイミング

クレジットカードのは利用限度額というものが決められています。
その限度額は個人によって設定の額が変わってきますがこの利用限度額を超える買い物をした時にカードの利用が停止してしまいます。

事前連絡などもなく停止してしまうので、自分の利用限度額は注意しておいたほうがいいでしょう。

では次に利用限度額の注意点をご説明いさせていただきます。

利用限度額の注意点

利用限度額の管理は気にしないと覚えてないものだったりします。
キャッシング枠はお金を借りる枠なので残高の管理がしやすくなっているのですが、ショッピング枠は月締めの請求ぐらいでしかカード会社から残高を提示してきてはくれません。

しかしこちらから「ショッピング枠の残高はいくらですか?」と問い合わせればしっかり教えていただけることができます。
なにか大きな買い物をする際には、事前に「後いくら使えるのか」の確認を取ることをおすすめします。

どのような時にカードは止まるのか?

カードが止まる理由は色々とありますが、1番多いのはカード利用料金の未払いです。

口座にお金を入れ忘れていた、今月は支払うお金がない。
などの理由からカード料金を払えずカードが止まってしまう場合がよくあります。

対策としては、カード利用料金の未払いは支払い日が過ぎていても、支払い料金を引き落とし口座に入れることで勝手に代金が引き落とされます。
その後、遅くても24時間(土、日を跨ぐ場合は数日かかる時もあります)でカードを利用することができるようになります。
カードの引き落とし日と口座の残高には注意しておきましょう。

カレンダーに印を付けておくなどして忘れないようにするのも1つの対策として効果的だと思われます。

カードの利用停止の理由は他にもあります。
その原因を見ていきましょう。

口座にお金を入れても引き落としがかからない場合はカード会社に連絡をしてみましょう。
適切な対応をとっていただけます。

1番やってはいけない事のは、そのまま無視し続けることです。
無視をしつづけると最悪な事態になってしまいます。

カード利用停止になる原因と最悪の結果

カード料金未払い以外のカード利用停止は大きいもので以下のようになります。

  • カードでの高額商品の購入(新幹線の回数券複数など)
  • 短時間で連続しての商品の購入

上2つの行為による、クレジットカード利用停止の理由はクレジットカード盗難被害を疑った緊急停止という状態になります。
なのでカード会社から盗難の被害にあってないか確認の電話がかかってきます。

これはカード不正使用検知システムというものが作動して起こる現象で使用者に落ち度がなくてもセキュリティ面を考慮してカードにロックがかかってしまう機能です。

当然ですがこの機能は例え本人が使用していたとしても機能するので十分に注意しましょう。

カード利用停止による最悪の事態

カードの利用停止を頻繁に繰り返すとカード会社のブラックリストに登録されてしまう可能性があります。

最悪の場合、持ってる他のカードも利用停止になったりローン全般を組む事ができなくなったり未払金の一括支払いを求められることもあります。

さらに、最短5年はブラックリストに追加されていた記録は残るので5年間ローンを組む事ができなくなる可能性もあり大変危険です。

クレジットカードを利用する際は十分に注意しましょう。

クレジットカードとの上手い付き合い方

以上のようにクレジットカードの利用停止には様々な理由があります。
しかし付き合い方さえしっかりしていればカードは心強い味方となるのです。

利用限度額の残高を気にかけ使いどころを考えて、クレジットカードとの自分なりの付き合い方を見つけていってください。

【お金の悩みを解決する駅MoneyStation

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る