商品買取方式による現金化とその方法

商品買取方式の方法

こんにちは、管理人のHIROです。

今回は商品買取方式という現金化についてお話させていただきたいと思います。
クレジットカードの現金化では個人的にも出来る現金化で、その方法は名前を見いただければそれなりに察しが付くものとなっております。

手軽な商品買取方式ですが利用方法を間違えると大きな落とし穴にハマってしまうことになります。

まずは商品買取方式の現金化の手順から見て行ってみましょう。

商品買取方式でカードが現金に変わるまで

商品買取方式の現金化は以下の通りになります。

商品買取方式

業者の指定する商品を購入
自宅に届いた商品を業者へ送る
業者へ商品が届く
口座に現金が振込まれる

以上が商品買取方式の現金化になります。

方法としては商品をクレジットカードで購入し、購入した商品を売るという現金化に業者を仲介させたような方法となっています。

購入する商品の種類

商品買取方式では現金化する金額に応じた商品を購入する様になりますが、購入する商品は比較的に高額の商品になりやすいです。

例を上げると以下の通りになります。

  • ブランド品
  • 新幹線の回数券
  • 金券
  • 宝石関連

もしくはゲーム機のハードなどその時に価値のある物を指定される事もあるようです。

現金化希望金額が大きければ大きい程購入する商品の数と金額は比例して多くなっていきます。

商品買取方式の落とし穴

この様に利用しやすそうな商品買取方式ですが、大きな落とし穴がありました。

商品買取方式はクレジットカード利用停止に繋がりやすいのです。

なぜ利用停止に繋がるのか?

商品買取方式はクレジットカード会社の利用規約に引っかかってしまう事が問題です。

カードで購入した商品はカードの支払いが終えるまで所有権はカード会社にあります。
所有権がまだカード会社にある状態の商品を売って現金に換えるという行為がカード会社の利用規約に違反してしまう可能性があるからです。

その為、カード利用停止へと繋がってしまいやすいのです。

クレジットカード利用停止になってしまうとカードの未払金を一括返済しなければならない可能性があります。

現金が振込まれるまで時間と手間がかかる

商品買取方式は商品が自宅に届くまでの時間と業者に届くまでの時間が掛かります。

届いた商品を業者へと送るのも手間がかかる作業なので急な現金化はできません。
急ぎでの現金化の利用を希望している方にはとても実用的とは言えません。

日数も業者によって違うので確実な振込日が分からないという所はデメリットと言えるでしょう。

商品買取方式は早めのお手続きを

商品買取方式はキャッシュバック方式よりも換金率が高い傾向にあります。
事前にわかっている出費にはいい働きをしてくれるかもしれません。

しかし高額になればなるほどクレジットカード利用停止の危険性が増してきますのでご利用の際には十分に注意してください。

商品買取方式以外の現金化方法のご紹介をまとめてありますので、こちらも参考にどうぞ。
いろいろなクレジットカードの現金化の方法をチェック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る