クレジットカード現金化が違法では無い理由は商品に隠されていた

皆さんこんにちは、管理人のHIROです。

クレジットカード現金化のサービスは違法のものだと思っている方は多いかもしれません。
しかし、実はこのクレジットカード現金化というサービスは今のところ法律で裁かれるような事がないサービスという事を知っていましたでしょうか?

今回はこのクレジットカード現金化がなぜ法律に捌かれることなく行われるサービスなのか?という事をご紹介させて頂こうと思います。

クレジットカード現金化に適用される法律

クレジットカード現金化に適用される法律

皆さんは、クレジットカード現金化業者はどのような業者だと思いますか。

クレジットカード現金化業者はショッピング枠を安全に素早く現金に変えてくれるサービスを行っているので、貸金業者というイメージが強いのではないでしょうか?

しかし実は、このクレジットカード現金化業者は貸し金業者ではなく古物営業法に適用される業者なのです。
この古物営業法というのは、リサイクルショップなどに適用される法律で古物、つまりは中古の商品のようなものを売り買いできる業者の事を指しています。

これだけではまだ納得出来かねると思いますので、更にクレジットカード現金化サービスの詳細に迫ってみましょう。

現金化のサービスは商品を取り扱っている

現金化のサービスは商品を取り扱っている

クレジットカード現金化のサービス形態をよく見てみると現金化を行う際には商品を介したやり取りを行っている事がわかります。

例えば

  1. 商品買取り方式の場合、現金化利用者の持ってきた商品を現金化業者が買い取り、現金を渡します。
  2. キャッシュバック方式に関しては、商品を購入したことでもれなく型のキャッシュバックの対象者になり現金が利用者の手に渡されます。
  3. アマゾンギフト券現金化も、商品買取り方式と同様にアマゾンギフト券の買取を行い現金化を行っています。

以上の事から、古物営業法の元、現金化のサービスを行っているという事がわかるのです。

もしも商品のやり取りを行わなければ?

もしも商品のやり取りを行わなければ?

もしも商品のやり取りを行わなければ、クレジットカード現金化は立派な貸金業のサービスを行っているという事になり法律に違反してしまいます

当然、警察に見つかればそのサービスを提供した現金化業者は逮捕されてしまいます。
この時の罪状は『貸金業法違反』です。

過去に商品のやり取りを省いた現金化サービスを行っている現金化業者が逮捕された事例も存在しています。
この場合、古物営業法は関係ありません。

しかし、本人確認を行わなかった場合には古物営業法に違反します。

その為、現金化業者は本人確認を必ず行わなければならないのです。

現金化利用者が逮捕される事はあるのか?

現金化利用者が逮捕される事はあるのか?

現金化業者が逮捕されるなら利用者も逮捕されるのでは?と考える方も多いかもしれません。

しかし、現金化利用者が逮捕された事例は未だに1度も無いのです。
現金化利用者はあくまでも『利用者』ではなく『被害者』という扱いになっているのでしょう。

現金化を利用しただけでは逮捕されない?

現金化を利用しただけでは逮捕されない?

先程の逮捕例は現金化業者が法律に違反したため逮捕されてしまいました。
では、通常通りのサービスを行っている現金化業者も逮捕されるのでしょうか?

答えはNoです。

現段階では『クレジットカード現金化』という行為に適用される法律が存在していない為、クレジットカード現金化を利用した、行ったというだけの理由では逮捕される事はありません。

しかし、クレジットカード会社の規約に違反しているため、現金化を利用したと発覚した時はクレジットカードの利用停止は免れないという事なのです。

クレジットカード現金化のサービスがグレーなサービスと言われているのもその為です。

違法ではないが危険なサービスでもある

違法ではないが危険なサービスでもある

以上の事からクレジットカードの現金化サービスが法律に違反していないという事がわかっていただけたかと思います。

しかし法律に違反していないからといって、安全なサービスという訳ではありません
その理由はクレジットカード現金化業者の中には悪質な現金化サービスを働く悪質業者が存在しているからなのです。

悪質現金化業者のサービスは時に現金が振り込まれないという被害に発展してしまう事もあるのです。

そんな悪質現金化業者についてまとめた記事をご用意させていただいています。
手口と対象方もご紹介させていただいてますのでどうぞご覧ください。

悪質現金化業者の悪質な行為と手口【その対処法はあるのか?】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る