現金化は危険な行為なのか?疑問に思う仕組み

皆さんこんにちは、管理人のHIROです。
現金化と聞くとどのような事を思い浮かべるでしょうか?

まず想像するのは商品の現金化などを重い浮かべるかもしれません。
しかし、実際の所ネットなどで目にする『現金化』という言葉は違った意味合いを持っている場合があります。

それがクレジットカードの現金化です。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは?

簡単にご説明させていただきますと、こちらはクレジットカードを利用した資金調達方法と言われています。
クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手に入れる方法ですね。

ではその方法ですが、こちらの記事を参考にご覧いただければと思います。
クレジットカードの現金化とその方法~仕組みを理解し活用する~

今回はこの現金化という行為が危険かどうか?という事について詳しくご説明させていただきたいと思います。

クレジットカード現金化と現金化の違い

クレジットカード現金化と現金化の違い

一見同じように見えますが少し意味合いが違ってきます。

現金化は、基本的に所有物を現金に変える事を差しています。
対してクレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を現金に変えています。

クレジットカード現金化に関しては、現金化するものがクレジットカードに限られているので現金化という大きなジャンルに属する方法の1つと思っていただいた方がいいでしょう。

雪遊びというジャンルの雪合戦みたいなものです。

現金化は危険なサービスなのか?

現金化は危険なサービスなのか?

では、本題に入るとしましょう。
基本的に所持品を売るという行為は何の問題もありません。

しかし、クレジットカードのショッピング枠を現金に変えるのは少々問題がある方法だといってもいいでしょう。
最初に断っておきますが、クレジットカードのショッピング枠を現金化したとしても犯罪ではありません。

犯罪ではありませんが、法律以外のところで引っかかっているサービスなのです。

クレジットカード現金化は規約違反

クレジットカード現金化は規約違反

それがカード会社の規約違反となっています。
カード会社はクレジットカードを申し込んでもらう際、契約書にクレジットカードの現金化を行う事を禁止するという一文を記載しています。

その為、クレジットカードを作った時点で契約は成立してしまっているので利用すれば当然のように規約違反となってしまうのです。

規約違反を起こしたらどうなるのか

規約違反を起こしたらどうなるのか

決まりごとを破ったら契約は破棄されてしまいます。
利用した分の金額も払わなければいけません。

これを業界ではクレジットカードの利用停止と言われています。

詳しくはこちらの記事を参考にご覧ください。
クレジットカードで利用停止になる危険性と注意点まとめ

では結局危険なサービスなのか?と聞かれると肯定しかねます
なぜならば、クレジットカード現金化を行っている人は沢山存在しているからというのが大きな理由です。

クレジットカード現金化は利用してもバレない?

クレジットカード現金化は利用してもバレない?

クレジットカード現金化はバレないのではありません。
バレても本人が自白しない限りばれる事が無いのです。

クレジットカードで商品を購入する。
日常生活では起こりうる通常の出来事ですよね?

クレジットカードを現金化する際にも商品を購入しますが、これがどちらの目的で購入した商品なのかをカード会社は把握できません。

よくて、決済を通した時に見れる額面ぐらいの物です。
これだけの情報では疑うことは出来ても、摘発する事は出来ないでしょう。

何故ならば購入した目的や意図は当人にしかわかりません。

以上の事からクレジットカード現金化は規約に違反されているが、危険すぎるサービスではない。という事がわかりました。

自分でやる現金化には要注意

自分でやる現金化には要注意

しかし、この資金調達方法を自分一人で行うとカード会社にばれるリスクが非常に高くなってしまいます。

その理由は自分で行うクレジットカード現金化は決済を分割する事が出来ません。
10万円の商品を購入したら当然10万円で決済を1回で切られてしまいます。

その為、高額商品の購入からクレジットカード現金化を疑われてしまうのでバレるリスクが非常に高くなってしまうのです。

詳しくはこちらの記事にまとめてありますので、こちらをご覧ください。

現金化業者を使わずに自分で行う現金化の方法

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る