クレジットカード現金化の換金率は何故下がる?手数料と消費税の関係性

皆さんこんにちは、管理人のHIROです。

皆さんはクレジットカード現金化を利用した時に換金率が大きく変化していた。そういう経験はありませんでしょうか?

この換金率の問題はクレジットカード現金化では良く起こる現象となっています。
現金化を利用した事のない方はこの換金率が下がる事に対して『換金率をダマされた!』というようにとらえる人も多いのは事実です。

しかし、この換金率が下がるという行為はどの現金化業者にも必ず適用されるようになっています。
そこで今回はクレジットカード現金化業者の換金率が下がるという現象について詳しくその理由と仕組みをご説明させていただこうと思います。

換金率の下がる理由を明確にご説明

換金率の下がる理由を明確にご説明

現金化業者の提出する最大換金率ですが、ハッキリと申し上げますと99%適用される事はありません
ここまでハッキリお伝えできるのは現金化業者のデメリットが大きいからです。

最近の現金化業者は最高換金率が98%前後の業者が多くなってきています。

もし仮に98%で現金化を行った時の現金化業者の利益を確認して見ましょう。

例えば、10万円の申し込み金額に足して現金化業者が換金率98%で現金化を行った場合、現金化される額は9万7千円です。

そこから、入金の為の手数料が200円前後掛かります。

更にクレジットカード現金化は商品の売買を行うので消費税が発生してしまいます。
この消費税も当然現金化業者が払う事になるので10万円の8%(2018年現在)の8千円が業者の手元から出されるようになります。

その他の送料なども考慮すると現金化業者は少なくとも1万円以上の赤字になってしまいます。

お金を稼ぐのが目的で行っている商売、お客様を1人対応しただけで赤字が出るようなサービスを行う意味はハッキリ言ってありません。

その為、現金化業者の手数料は現金化サービスを続けていく為にも必要な事となっているのが良くわかります。
では、次にこの手数料に関してのご説明をさせていただきます。

手数料は現金化業者によって大きく変わる

手数料は現金化業者によって大きく変わる

ここで問題になるのが、現金化業者の手数料は利用する現金化業者によって大きく変化します。
当然ではありますが、手数料の低い現金化業者の方が利用者からは優良と言われていますが、この手数料は業者によってどのくらいの差が出てくるのでしょうか?

では、次にこの手数料の算出をしてきましょう。

換金と手数料から導く『本当の換金率』

換金と手数料から導く『本当の換金率』

本当の換金率の算出方法をご説明させていただきたいと思います。
まず手数料が換金率から引かれるという事とその手数料は現金化業者により大きく変化するという事はわかっていただけたかと思います。

以下の公式では利用額は10万円、手数料を『X-エックス-』としてご説明させていただきます。

例文

10万円-消費税(8%)=98,000円-手数料(X%)=本当の換金率

以上の計算で本当の換金率を簡単に割り出す事が可能となっているのです。

では、もしも以上の公式を使って適用される時の換金率が85%だった場合の手数料を見ていきましょう。

換金率85%の場合

10万円-消費税(8%)=92,000円-手数料(7%)=85%

以上のようになります。

では、仮に換金率が60%だった場合の手数料を見ていきましょう。

換金率60%の場合

10万円-消費税(8%)=92,000円-手数料(32%)=60%

というようになるのです。

以上の事から手数料の少ない現金化業者が優良と言われているという事が分りますね。

手数料は現金化業者の純粋な利益になります。
この利益を削る事で利用者の満足する換金率を提示できるのかどうか?という所が優良業者の基準という事なのでしょう。

現金化業者は実際に利用しなければ詳細が不明

現金化業者は実際に利用しなければ詳細が不明

以上が換金率の下がる理由となっています。
複雑に思えたかもしれませんが、内訳を理解すればいたって単純な仕組みだと思った方も多いのではないでしょうか?

では、現金化業者の手数料を予め知る方法はあるのでしょうか?

残念ながら現金化業者の手数料を予め知る方法は今現在では存在していません
その為実際に現金化業者を利用するか、利用したことのあるかたに情報を提供してもらわなければいけないのです。

そこで、当サイトMoneyStationでは予め調査した優良の現金化業者を一覧でご紹介させていただいております。

現金化業者をお探しの方は是非ともご活用いただければ幸いです。
優良現金化業者一覧をご覧になられたい方はこちらからどうぞ。

優良現金化業者のまとめ

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る