キャッシュバック方式とはどのような現金化方法なのか?

キャッシュバック方式

こんにちは、HIROです。

クレジットカードの現金化を利用した方は1度でも耳にした事があると思うキャッシュバック方式について詳しくご説明させていただきたいと思います。

まず、現金化についてよく知らない方に軽くご説明をさせていただきます。
現金化とはクレジットカードのショッピング枠を現金に変える方法、または携帯のキャリア決済の利用金額を現金に変える方法の事をいいます。

クレジットカードを利用した現金化は「キャッシュバック方式」と「商品買取方式」の2つが存在します。

それぞれの現金化についてご説明した物がありますので、気になる方はこちらもご参考ください。
【現金化の仕組み】

キャッシュバック方式の現金化

現金化とはカードで商品を購入し、購入した商品を他のお店もしくは個人的に売買して現金を手に入れるという資金調達の方法です。

しかし、このキャッシュバック方式は上記の現金化とは少し形式の違う現金化なのです。

キャッシュバック方式の現金化までの流れ

キャッシュバック方式

業者の指定した商品をクレジットカードで購入する


商品が購入できた事を業者が確認する


現金が口座へと振込まれる


後日購入した商品が自宅に届く

以上がキャッシュバック方式の一連の流れになります。
このようにクレジットカードのショッピング枠を現金に変えます。

上の図では何故、現金が振り込まれたのか解りにくいかもしれません。

キャッシュバック方式とは名前の通り商品を購入した事でキャシュバックが発生しています。
そのキャッシュバックが現金として購入者の口座に振込まれるという仕組みなのです。

身近なものであれば大手チェーン店の電気屋で電化製品を購入した時にポイント還元が発生しますが、それと同じ原理で商品を購入したことで、ポイント還元ではなくキャッシュバックされたという事になるだけです。

キャッシュバック方式の購入する商品

「どんな商品が届くの?」というところでしょうが。

正直な所、買ってみるまでは何が届くはわかりません。
送られてくる商品は会社によって違う物だったりもしますので「この商品が送られてきます」と、断言することができません。

基本的には商品価値の低い物が送られてきます。

100円均一の商品だったり、会社によっては画像を商品としてメールで送られてくる事もあるようです。

何故商品を送ってくるのか?

その理由はカード会社の規約にありました。
クレジットカード会社はショッピング枠の現金化を規約で禁じています。

なので購入者にはあくまでも商品を買った上での特典という扱いで現金は購入者へのお礼という扱いになるのです。

あくまでも主役は購入した商品の方なのです。
業者は商品を送った事にして現金だけを振り込んでしまうと、最悪の場合法律に関わってくる場合があるのです。

また購入者も同じように、送られてきた商品を受け取らなければ現金化目的の購入と見なされカードの利用規約に違反してしまいます。

利用規約に違反した場合、クレジットカードの利用停止に繋がってしまう恐れもあるので送られてきた商品はしっかりと受け取りましょう。

業者側は「商品を買ってくれたからキャシュバックをした。」
購入者側は「商品を買ったらキャシュバックされて嬉しい。」

という状態になれば法律上もカード利用規約上も問題なくやり取りを行うことができるのです。

キャシュバック方式は安全な現金化

以上がキャッシュバック方式の現金化方法です。
クレジットカードを利用した現金化で1番注意する事はクレジットカードの利用停止です。

利用停止になってしまうと最悪、持っている他のクレジットカードが利用停止になったり、未払金の一括請求が来たりしてしまいます。

キャッシュバック方式はクレジットカードの利用停止から1番遠い現金化方法と言えるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る